最近の自動車雑誌

自動車雑誌

ベストモータリング

 

ホットバージョン

 

GT-R Magazine(ジーティーアールマガジン)

 

インプレッサマガジン

 

Club LEGACY(クラブレガシィ)

 

ランドクルーザーマガジン/自動車のある生活を楽しむ雑誌

 

カーグラフィック/カーグラフィックTV

 

自動車雑誌の歴史

自動車好きといえば

自動車好き有名人について(1)

 

自動車好き有名人について(2)

最近の自動車雑誌

Club LEGACY(クラブレガシィ)

自動車雑誌『クラブレガシィ』

このクラブレガシィもレガシィの専門自動車雑誌ですね~!!インプレッサと共に、スバルを支える大人気車種であります。1冊1,700円のこの自動車雑誌は、3月・6月・9月・12月の年4回の発行でその月の26日に発売です。ちょうどインプレッサと交互に発売ってかんじですかね。レガシィのバイブル的存在のクラブレガシィも、パーツについてとかカスタムについて、チューニングについて、走行の特徴なんかについてなどなど、レガシィの情報が満載の1冊ですね~。雑誌の値段は高いですけど、やっぱりレガシィ所有者からすれば、これを読めば間違いない!!!!みたいな安心感がありますから、買うんでしょうね。

おすすめ雑誌

100社へ引越し見積もりなら一から業者を探して見積もりを取る手間が省けます!簡単、便利な一括見積もりで、「理想の引越し」を見つけましょう!

クラブレガシィの内容

ここでもクラブレガシィの内容についてざっと列挙していきますね~!!!

おすすめ雑誌

千葉の不動産なら総建ハウジング株式会社へ!夢の家1000シリーズはJOTO基礎パッキン工法、プラ束又は鋼製束を使い、床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくります。詳しくは総建ハウジング株式会社までどうぞ。

運転支援システム『EyeSight』とは??

さてさて、このクラブレガシィでも紹介されているアイサイト。なんぞや??とお思いの方もいるのではないでしょうか(^^;)自動車の進歩も日進月歩なので、日に日に新しい用語が増えて大変なものです・・・。まあ、だから雑誌とか見て勉強なり情報なり仕入れるんですけどね。では、スバルが誇るアイサイトについてちょっとお話ししますね~。雑誌見なくても、このサイト見てもらえばわかっちゃうな♪

そもそもアイサイトってなに??

ドライバーは運転に必要なほとんどの情報を自分の目から得ているんですよね。だから、ドライバーをサポートするには、人間と同じように2つのカメラで物を見るシステムが最適だと考えたのが、スバルのアイサイトシステム。人間が運転するのに非常に近い感覚で、運転支援をしてくれる画期的なシステムなんですよ!!

アイサイトのステレオカメラとは??

人は右目と左目で微妙に差のある映像を見ているんだそうです。その差が大きければ近くにあるもの、小さければ遠くにあるもの、そうやって立体的に物体の位置や形を把握しているんだそう。アイサイトは、この原理を利用して、前にある物の種類や距離、移動速度などを認識するすごい奴。なので、運転手が認識し損ねたものを、きちんと認識しておいてくれるわけです。人なのか、物なのか、自動車なのか、白線なのか、カーブなのか・・・・などなど、機械とは思えない2つの目できちんと見分けるんです。アイサイトは、まず2つのカメラで前方に何があるかを認識して、それに対して自動車をどう動かすかを判断したり制御したりするんだとか~w(°o°)wすご~!!!

アイサイト『プリクラッシュブレーキ』

プリクラッシュブレーキというのは、危ない時を判断して自動でかかるブレーキのこと。すごい時代が来たもんだよ。ただ、絶対にこれがあるからぶつからない、な~んて思わないでくださいね~・・・・。主に先行車への追突の回避支援を行うプリクラッシュブレーキは、追突の危険がある時は、警報や軽いブレーキで注意を促してくれるんです。で、万一の時は追突回避のための強い自動ブレーキを作動させるんです。でも、機械なのでシステムが十分作動しない場合ももちろんあるでしょう。なので、この自動制御システムに頼らずに、必ず安全運転を心掛けてください!!!

アイサイト『全車速追従機能付クルーズコントロールシステム』

全車速追従機能付クルーズコントロールというのは、高速道路や自動車専用道路でドライバーの運転の疲れを軽くさせて、より快適に運転できるように支援してくれるサポートシステムなんだとか。至れり尽くせりだね、このアイサイトさま・・・・。全車速追従機能付クルーズコントロールが作動してる時は、前にいる自動車の認識具合いや車間距離の状況を分かりやすく表示します。で、運転手のブレーキでは減速が十分ではないと判断したら、ブザー音と表示で「ブレーキ踏み増し要求警報」を知らせてくれるらしいですよ。

アイサイト『AT誤発進抑制制御』

一番の誤発進抑制は、落ち着いて運転操作をすることですよね。でも、人間、ついつい焦っているときや急いでいるときなど、落ち着いてもいられないです。よーくわかります、その気持ち。誤って発進してしまう・・・なんてことも時にはあるかもしれません。ないに越したことはないですが。そんなときにこのAT誤発進抑制制御が役立ちます!!では、ちょっとご説明。停車中や徐行中に前方の壁などの障害物をシステムが認識します。その時にアクセルが不必要に踏み込まれたとシステムが判断すると、警報音と警告表示で注意を促しながらエンジン出力を抑制します。なので自動車の発進がゆっくりになって、衝突を抑止するというわけであります。

アイサイト『警報・お知らせ機能』

クルマがふらついたり、車線からはみ出しそうになったり、先行車の発進に気づかなかったりなどして、システムが“ちょっと運転が乱れているな・・・・”と感じたら、注意を促してくれる警報&お知らせ機能があるんです!!わお。気遣いまでできる機械ってすごい。確かに・・・仕事終わって夜に運転してると、ふらふらしてる車がいるんですよね~。こわいから追い越せたら追い越すし、追い越せなかったら近寄らないようにしてますが・・・。中央分離帯に擦っちゃってるの見たことあるけど、そういった人にぜひ使ってほしいシステムですよね~。もうちょっと詳しく説明すると・・・。

車線逸脱警報
約40km/h以上で走行中に車線からはみ出しそうになると、警報音と警告表示で注意を促してくれます。
ふらつき警報
約50km/h以上の高速で走行している際、車両のふらつきを認識すると、警報音と警告表示で注意を促してくれます。
先行車発進
先行車が発進して約3m以上離れても自分の自動車が発進しない場合、音と表示で知らせてくれます。でも、こうやって警告してもらっても、自分で注意してなければ大事故になりますので・・・・。僕も仕事がら自動車に乗る機会がだいぶ多いですけど、お互い注意しましょうね、みなさん。僕は究極に眠い時や疲れ切っているときは、思いきって会社に泊まってます。
お得な情報★
相性の良し悪しを感じる場合は指名制度がご利用いただけます。 http://www.arosta.jp/。アロマスターズ。